​それぞれの集落に

ベストマッチの対策を

『被害防除』『生息地管理』『個体数管理』の3つを動物の種類や環境に合わせてバランスよく行い、野生動物との共存を図ります。

これまで私たちが培ってきた技術を活かし、集落にベストマッチした対策をご提案いたします。

主な​事業

指導者育成研究
鳥獣被害対策の行政担当者向けに、実技を交えた研修をコーディネート
講演会
各種鳥獣の基礎的な生態、効果的な被害対策などの知識啓発の講演会
集落環境診断
集落単位で自立的な対策を行うための住民参加型・ワークショップ
野生動物被害把握業務

​野生動物による被害把握のための各種調査の実施

野生動物捕獲業務

​一般狩猟者では捕獲が困難なエリアで、捕獲業務を代行します

野生動物捕獲業務

​一般狩猟者では捕獲が困難なエリアで、捕獲業務を代行します

捕獲技術者研究
有害鳥獣捕獲、個体数管理のための捕獲技術を持つ人材育成
防護柵機能診断
​防護柵の設置や維持管理を自律的に行うための実習型技術提供
野生動物生態調査

各種鳥獣の生息密度、生息個体数等の調査

鳥獣対策コンサルティング

3つの観点から総合的なコンサルティングの実施

ギャラリー

​株式会社うぃるこの活動写真。​各種事業の取り組み

もっとうぃるこを知りたい方へ

株式会社うぃるこの活動を掲載していただいているメディアをご紹介いたします。

logo.jpg
農林情報メディア INOHOI(イノホイ)

​鳥獣被害や狩猟、農林業に関連する情報を発信するメディアです(運営:株式会社refactory)。他にも、罠の設置に関するテクニック等が紹介されています。当社代表の紹介記事(https://inohoi.com/interview/2839)も掲載されています。是非ご一読ください。

鳥獣害専門の

コンサルティングファーム

うぃるこ

株式会社うぃるこは、野生動物と人との共存を目指して設立しました。

中山間地域の過疎化や高齢化の進行、里山の荒廃、野生動物の個体数の変化から人間と野生動物との間にはさまざまな軋轢が生まれています。

うぃるこは、動物の科学的データの基づいた予測分析のほか、さまざまな条件の現場に対応できる経験の共有、住民とともに被害対策を進めるための場づくりなどを支援。

​専門的な技術や知識を持ったプロ集団が。野営動物と人との間に生じるさまざまな問題を日々解決していきます。

​お問い合わせ

btn1.jpg
btn2.jpg
btn3.jpg

© 2019 うぃるこ